Example 01

ビジネスパーソンとして必須の財務知識をしっかり習得する

財務会計研修
大手製造業様のケース

概要

・ 実施時期
─ 年2回(春・秋)
・ 業種
─ 製造業
・ 対象
─ 各40名
職種問わず公募型(初学者)

研修の目的

ビジネスパーソンとして、決算書(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)から、どのようなことが読み取れるかを習得する。またビジネスを理解しながら、会社の数字の動きを想像する力を身につける。

研修期間

・ プログラム日数
─ 2日間
・ 研修時間
─ 合計14時間

カリキュラム

1日目(7時間)

  1. 1,会計とは?

    1. ①会計が果たす役割
    2. ②貸借対照表と損益計算書
    3. ③業種によって異なる財務諸表 ~ケース・スタディ~
  2. 2,損益計算書の読み方 ※上場会社の開示数値を用います。

    1. ①各段階損益の示す意味
    2. ②売上総利益(一般的な定義,業種による差異)
    3. ③営業利益(売上との連動性,原価率・販管費率との関係)
    4. ④経常利益(営業外項目の代表例,営業利益との乖離,読み解きの留意点)
    5. ⑤当期純利益(特別項目の代表例,経常利益との乖離,読み解きの留意点)
    6. ⑥新聞記事による解説
  3. 3,貸借対照表の読み方 ※上場会社の開示数値を用います。

    1. ①資産・負債・純資産の関係
    2. ②流動・固定分類
    3. ③払込資本と留保利益
    4. ④業種によって異なる財務諸表~ケース・スタディ~
  4. 4,財務諸表分析

    1. ①財務諸表分析に使用する代表的な指標解説
    2. ②指標の変動が意味するものとは?

2日目(7時間)

  1. 5,キャッシュ・フロー計算書とは ※上場会社の開示数値を用います。

    1. ①キャッシュ・フロー計算書の概要(キャッシュ・フロー計算書とは)
    2. ②キャッシュ・フロー計算書の表示区分と方法(キャッシュ・フローの見方)
  2. 6,連結財務諸表とは ※上場会社の開示数値を用います。

    1. ①連結財務諸表の概要
    2. ②子会社・関連会社の業績はどのように連結財務諸表に反映されるか?
    3. ③持株会社の財務諸表の読み方

    ポイント1

  3. 7,企業間比較(前半) ~グループワーク~ ※自社等の財務諸表を用います。

    1. ①経営成績の比較(損益計算書)
    2. ②財政状態の比較(貸借対照表) 
    3. ③経営戦略・成長性の比較
  4. 8,企業間比較(後半) ~グループワーク~ ※自社等の財務諸表を用います。

    1. ①各グループの発表
    2. ②質問、講評

    ポイント2

ポイント1

ニュース(新聞記事)を用いて、会計を身近なものとして捉えながら学びます。

ポイント2

クイズやグループワークを用いた積極的参加型研修です。

お客様のニーズ
財務・会計知識の習得が研修の主な目的であるが、他方で、ただ単に講義を行うのではなく、初学者に対して「苦手意識を持たせない」、「楽しく会計を学ばせる」という目的もあった。TACには、この点に期待して依頼した。
TACの提案
  • ◎実務経験、講義経験ともに豊富なプロフェッショナルの講師が担当
  • ◎会計初心者でも楽しく受講できるように、身近な企業の事例を用いる
  • ◎クイズやワークをちりばめて、双方向型の研修
研修講師からのコメント
みなさんの知っている企業の新聞記事やケース、実際の自社や他社の財務諸表を用いて、ニュースと企業の業績がどのように結びついているのか。ビジネスモデルの違いなどを理解しながら、今まで会計に馴染みのない方でも、企業の数字に興味を持つように進めていきます。貸借対照表や損益計算書のほかにキャッシュフロー計算書、連結財務諸表、財務諸表分析とボリュームはありますが、ワークを取り入れ、理解を確認しながら身につけていただきます。
受講者の声
営業職 Aさん
講義だけでなく、演習も多く取り入れた研修のため、理解度が深まった。講師の教え方のスタイルが非常によく、飽きさせない研修でした。
事務職 Bさん
B/S、P/Lから取引企業の実態を読み取る知識は、非常に役に立った。自社の会計の仕組みを、具体的に深く学べました。